冷蔵庫のライフサイクルについて考えよう

製品ライフサイクルってなんだろう?

「製品ライフサイクル」とは、素材や部品の調達から、製造、輸送、使用、回収、リサイクル、処分までの「製品の一生」のことです。この製品ライフサイクルの各段階で投入される資源、エネルギーなどを必要最小限にし、環境負荷(人間活動が地球環境に与える負担)を低減していくことが求められています。

冷蔵庫のライフサイクルの環境負荷はどのくらい?

2009年10月〜2010年9月に販売された501L6ドア冷蔵庫(以下、2010年冷蔵庫)を家庭で約10年間使用した時のCO2排出量を試算した結果が次のグラフです。ライフサイクル全体でのCO2排出量は1,709kgでした。

ライフサイクル段階毎にみると、使用段階が全体の8割を占めており、使用段階での省エネがライフサイクル全体のCO2排出量を削減するためにもっとも効果があることがわかります。そのため、家電メーカーでは消費電力量を削減した冷蔵庫の開発を積極的に進めてきています。

また、使用済みになった冷蔵庫は、家電リサイクル法に基づいてリサイクル処理されており、家電リサイクルプラントでのリサイクル処理・処分時のCO2排出量はわずか0.5%です。回収した素材(金属、プラスチック)は新しい製品の素材として再利用されるため、4.3%のCO2排出量削減(リサイクル控除)になります。このことから、リサイクルを行うことにより、3.8%のCO2排出量削減の効果があるといえます。

2010年冷蔵庫のライフサイクル毎のCO2排出量

以前の冷蔵庫と比較してみました

1998年10月〜1999年9月に販売された400L4ドアまたは5ドア冷蔵庫(以下、1999年冷蔵庫)と比べると、2010年冷蔵庫は、真空断熱材や高効率コンプレッサーの採用などにより省エネ性能が大幅に向上しており、また、家電リサイクル法に基づいて家電リサイクルプラントでリサイクル処理されるなど、製品の仕様やライフサイクルが大きく変化しています。

各々の冷蔵庫について、ライフサイクル毎のCO2排出量を比較した結果が次のグラフです。

調達(素材)段階では、2010年冷蔵庫はCO2排出量が約10%増加していますが、これは冷蔵庫内容積の増加などにともない製品質量が約20%(85kg→103kg)増加していることが影響していると考えられます。

一方、使用段階におけるCO2排出量は、真空断熱材や高効率コンプレッサーの採用などによる省エネ性能の向上により、64%減少しています。

結果として、ライフサイクル全体で比較すると、2010年冷蔵庫は1999年冷蔵庫より、CO2排出量が59%削減されていることがわかります。

ライフサイクル毎のCO2排出量比較

「そのまま使う」「買い替える」のどっちがエコ?

買い替えによるCO2削減効果を試算した結果が次のグラフです。

買い替えた年は、1999年冷蔵庫の回収・リサイクルおよび2010年冷蔵庫の調達〜製品輸送段階に関わる負荷が発生する影響で、1999年冷蔵庫を使い続けた場合より、2010年冷蔵庫に買い替えた場合の方がCO2排出量が大きくなっています。しかし、使用段階の省エネの効果が大きいため、翌年には1999年冷蔵庫を使い続けた場合よりも、2010年冷蔵庫に買い替えた場合の方がCO2排出量が少なくなりました。

そして、買い替えてから5年間の総CO2排出量は、2010年冷蔵庫に買い替えると、1999年冷蔵庫を使い続けた場合と比べて42%削減できることがわかりました。

この結果から、省エネ性能の進んだ新製品への買い替えによるCO2削減効果は大きいものと考えられます。

1999年冷蔵庫を使い続けた場合と2010年冷蔵庫に買い替えた場合のCO2排出量の比較(2010年以降の累計値)

※ライフサイクルインベントリとは、対象とする製品システムに対する、ライフサイクル全体を通しての入力(エネルギー及び材料の投入)及び出力(排気ガス及び廃棄物の排出)のことです。