「可搬形発電機」のご紹介

メニューをスキップ

「可搬形発電機」のご紹介

1. 可搬形発電機の説明

(1)適用
本Webサイト内で紹介する可搬形発電機は、日本電機工業会規格JEM1420(3kVAを超え10kW未満のエンジン駆動可搬形交流発電装置)およびJEM1398(ディーゼルエンジン駆動可搬形交流発電装置)にて定義された3kVAを超え1500kVA以下の可搬形交流発電装置を対象とします。

(2)構造
可搬形発電機は、主に発電機をエンジンフライホイール出力軸に直接カップリングするダイレクトカップリング方式を採用しています。この方式は移動や運搬時に発電機とエンジンの軸心がずれない特長を有しており、移動させることが容易にでき、工事現場、イベント会場、災害時の避難所など様々な場面で使用される可搬形発電機に適しています。発電機とエンジンのセットは防振ゴムを介してベースに取り付けられ、他にはラジエータ、マフラ、制御装置、燃料タンク、バッテリ、その他の補機類などから構成されています。

(3)製品写真例
可搬形発電機の主な外観は以下の通りです。

2. 可搬形発電機の特徴

(特徴1)任意の場所で簡単に発電できる

土木・建設・港湾工事やパイプライン工事など移動する現場、災害発生時の生活電源、TV中継や各種イベント、レジャーにと任意の場所で電力を供給することができます。また日本国内のみならず海外でも幅広く使用されています。

工事現場1

工事現場2

TV中継

イベント会場

海外事例1

海外事例2

(特徴2)取扱いが容易で経済的、始動が確実

ガソリンエンジンまたはディーゼルエンジンを原動機としており、他の原動機と比較して熱効率が高いので燃料消費が少なく経済的で、燃料のガソリンや軽油は容易に入手することができます。また、他の原動機と比較して始動・停止が容易に行なえますので消防法に係わる防災用途を除く非常用発電機としても使用されます。

(特徴3)効率的な運転、安定した電力確保が可能

可搬形発電機は設置台数の適切な選定により、必要な電力に見合った効率的な台数で運転することが可能な機種があり、工事の工期によって適切台数で運転することができ経済的です。また、メンテナンス時や故障発生時に他機によるバックアップができるため安定した電力の供給が可能です。

3. 可搬形発電機の位置付け

エンジン発電機は、用途では大きく2つに分類となり、可搬形発電機は、主に経済産業省通達「移動用電気工作物の取扱いについて」にて運用される移動用発電設備の一部に位置づけされます。また、可搬形発電機は電気事業法上による分類では、10kW未満は一般用電気工作物に、10kW以上は自家用電気工作物に位置づけされます。

4. 可搬形発電機業務専門委員会/可搬形発電機技術専門委員会 参画企業及び団体(五十音順)

株式会社小松製作所 https://home.komatsu/jp/
澤藤電機株式会社 https://www.sawafuji.co.jp/
山洋電気株式会社 https://www.sanyodenki.co.jp/
大洋電機株式会社 http://www.taiyo-electric.co.jp/
デンヨー株式会社 http://www.denyo.co.jp/
日本車輌製造株式会社 https://www.n-sharyo.co.jp/
北越工業株式会社 http://www.airman.co.jp/
株式会社本田技術研究所 https://www.honda.co.jp/
(一社)日本陸用内燃機関協会 https://www.lema.or.jp/