コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

来て・見て・わかる 生物多様性保全活動実践説明会 開催のご案内

~海洋プラスチック問題に企業が貢献できることとは~

2019.09.13
電機・電子4団体*1 環境戦略連絡会
生物多様性ワーキンググループ

海に流れ出た大量のプラスチックごみが引き起こす環境汚染がいま、世界的な大問題になっています。この5月の関係閣僚会議で「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」が策定され、6月に我が国で開催されたG20では共通の世界のビジョンとして2050年までに海洋プラスチックごみによる追加的な汚染ゼロを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」が打ち出されるなど、様々な枠組みが立ち上がっています。

実は企業はこれらに対し多大な貢献ができるのです。
プラスチックごみは、日本の整った回収スキームに
おいてすら、外部への流出が無くなっていません。
その対策としては、海へ出てしまう前に回収するこ
とが最も効果的です。事業所の中でもプラスチック
ごみは日々発生しています。企業は人的リソースを
活用し、オフィスで使うプラスチックを減らすこと
で、新たなプラスチックごみの発生を削減できるの
です。そして、プラスチックごみを削減できれば、
陸域から海洋までの生物多様性保全に繋がります。


プラごみで埋め尽くされた荒川河川敷(東京都)

今回、最新の海洋プラスチック汚染問題と、陸域の清掃活動がいかに生物多様性保全に資するかを知って
体験していただくため、第1回「海ごみゼロアワード」(環境省、日本財団主催)で最優秀賞を受賞された、
NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム様のご協力を得て、第4回LTB*2実践説明会を開催します。
SDGsにも資するテーマとして、企業として何ができるかのヒントに必ずつながると考えています。
皆様の積極的なご参加をお待ちしています。        
    

開催日時

2019年10月30日(水) 10:00~17:00  [9:30受付開始]

場所

東大島文化センター(東京都江東区大島)
最寄り駅:都営地下鉄新宿線「東大島」駅 (大島口出口より徒歩5分)

参加費

3,000円(研修費としてお一人分:昼食代、施設利用料を含む/ 当日、領収書を発行 )

募集人数

30名

*4団体正会員企業に所属されている方が対象です。応募者多数の場合には抽選となる場合がございますので、
 何卒御了承下さい。ご参加の確定並びに詳細については、後日事務局よりご連絡します。

申込方法

下記お申込フォームからお申し込みください。
   お申込フォームはこちら 新しいウィンドウで開きます

申込締切

2019年10月15日(火)

スケジュール(予定)

*内容は変更になる場合がございます。
*詳細はご参加が決定した方に、後日ご案内いたします。

時間 内容

10:00~

開会、LTBの紹介、説明

11:00~

レクチャー:海洋プラスチック問題と清掃/生物多様性保全の関係

(昼食・移動)

14:00~

荒川河川敷 プラスチックごみ等の現場視察、清掃活動体験

16:00~

振り返りワーク

17:00

閉会、解散

≪参考ウェブサイト≫
LTB 新しいウィンドウで開きます
荒川クリーンエイド・フォーラム 新しいウィンドウで開きます

  • *1電機・電子4団体・・・
       一般社団法人電子情報技術産業協会:JEITA
       一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会:CIAJ
       一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会:JBMIA
       一般社団法人日本電機工業会:JEMA

  • *2 LTB・・・
       「生物多様性保全活動はわかりにくい」、「何をやればよいのかわからない」、という会員企業の課題解決
       に向けてWGが製作した「企業が取り組むはじめての生物多様性 Let's Try Biodiversity ! (LTB)」。
       生物多様性アクション大賞2018「つたえよう」部門優秀賞を受賞。

今年3月、生物多様性WGで清掃を実施した際に収拾したごみの様子。
河川敷にはこれらのごみ以外に既にマイクロ化したプラスチックごみも多数。

【本件のお問合わせ先】
一般社団法人 日本電機工業会 環境部 (生物多様性WG幹事事務局/担当:安藤)
Tel:03-3556-5883  E-mail:biodiversity@jema-net.or.jp