コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

5. 分散型電源の系統連系に関するJEMA活動とお知らせ

5.1 JEMA分散型電源技術専門委員会の活動

近年、太陽光発電システムを中心に分散型電源の導入が急速に拡大するなかで、分散型電源の大量導入に伴う系統制約が顕在化しています。JEMA分散型電源技術専門委員会は、関係機関と連携しながら、太陽光発電システムや燃料電池、蓄電システム等の分散電源の共通課題に対応し、特に機器メーカとして分散型電源の系統連系技術課題に取り組み、分散型電源普及施策に対する提言や要望活動、講演会の企画やウェブサイトを通じた普及促進活動を推進しています。


5.2 出力制御機能付PCSの技術仕様について (お知らせ)

2015年5月25日

一部の電力会社の再生可能エネルギーの接続保留問題に対して、接続可能量を拡大させるための手段の一つとして、出力制御の適用範囲を見直す省令改正が2015年1月22日に実施されました。

それに対応可能な出力制御機能付パワーコンディショナ(PCS)の技術仕様を、電気事業連合会、太陽光発電協会、日本電機工業会でまとめましたので、公表致します。


5.3 出力制御機能付PCSの伝送仕様について (お知らせ)

2016年9月14日

系統接続制約問題への対応として、「無制限・無補償の出力制御」を条件に系統接続を行うこととする省令改正が2015年1月22日に実施されました。この新たなルールに対応した出力制御機能付パワーコンディショナ(PCS)を開発するため、経済産業省資源エネルギー庁「平成26年度補正予算 再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金」により、次世代双方向通信出力制御緊急実証事業が行われました。

受託者の九州電力株式会社より、実証事業において開発した伝送仕様書が公開されましたのでお知らせいたします。

【九州電力株式会社 ウェブサイト】
インターネットによる出力制御スケジュール(単方向通信)方式による出力制御システム伝送仕様書の公開について
http://www.kyuden.co.jp/notice_160908.html


5.4 出力制御機能付PCS(広義)試験方法及び出力制御機能付PCSの開発に向けた補足説明(お知らせ)

2016年9月14日

2015年3月に、電気事業連合会、太陽光発電協会、日本電機工業会でまとめました出力制御機能付PCSの技術仕様に関しまして、JEMAでは、出力制御スケジュールを取得しスケジュールに基づいてPCS(狭義)を制御する機能を含めた、いわゆる出力制御機能付PCS(広義)仕様への適合性を確認するための試験方法を検討・とりまとめました。この度、PCSメーカの開発・設計の一助とすべく、その検討結果として公表いたします。

なお、将来、第三者認証機関が制定する認証試験方法とは必ずしも一致しない点があることを十分に留意ください。

また、併せて、「出力制御機能付PCSの技術仕様」にて提案された技術仕様書、及び、「出力制御機能付PCS(広義)試験方法」を補足して、出力制御機能付PCSを開発するためのより詳細な内容を記述した「出力制御機能付PCSの開発に向けた補足説明」についてもまとめましたのでお知らせいたします。


5.5 小形コージェネと蓄電システムの併設設置確認試験

2015年2月2日

2011年の東日本大震災を機に、電源セキュリティーの観点から、需要側での自家発電、電力貯蔵、災害時の自立電源に関わるツールとして、エネファームやガスエンジン等の小形コージェネレーションシステムと蓄電池システムを一つの需要家(住宅など)に併設するケースが増加しています。それぞれの機器はその設計思想に基づき、効率的かつ安定的に動作するよう制御されていますが、異なるメーカのシステムを併設した際には、両システムの総合的な保護性能や安定した稼働を確認するための共通の指標がありませんでした。

JEMAでは、両システムの導入・設置にあたり、適切な組み合わせの情報を提供するための仕組みづくりや試験方法を整備することを目標に、2014年1月から「小形コージェネレーションと蓄電池システムの連携検討WG」を設けて検討を進め、ガイドラインおよび試験方法としてまとめました。

PCS貸し借りによる併設運転の確認試験を検討されるメーカは、上記「ガイドライン」及び「確認試験方法」に記載の内容をご承諾いただくことが前提となります。
但し、以下の点をご留意ください。 (詳細は、ガイドラインおよび試験方法をご参照ください。)

  1. メーカ相互の協議と合意によって実施することとします。
  2. データの公表にあたっても、メーカ間での相互の協議と合意に基づいたものを公表することとします。
  3. 開示を受けた技術仕様や試験結果は、本試験の目的以外に使用できません。
  4. 本ガイドラインの主旨にそぐわない状況が確認できた場合は、試験の実施や試験結果のデータの公表をとりやめていただく場合があります。
  5. JEMAでは試験実施に関するメーカへの斡旋や試験結果の提供は行っておりません。試験実施や試験結果に関する詳細は該当するメーカにお問い合わせください。

メーカ問合せ先一覧  (2015年10月7日現在)                                     [ 社名五十音順 ]

メーカ名 問合せ先 取扱い機器
アイシン精機株式会社

エネルギー技術部 制御G 制御第4T

TEL:0566-20-6562
エネファーム
エリーパワー株式会社

商品開発統括部

TEL:044-271-5890
蓄電システム
京セラ株式会社

ソーラーエネルギー事業本部
開発部 電子開発2課

TEL:0748-55-4633

蓄電システム
株式会社GSユアサ

産業電池電源事業部 電源システム生産本部
開発部 第一グループ

TEL:075-316-3114
蓄電システム
シャープ株式会社

ソーラーシステム事業部
システム第二技術部

TEL:0745-63-3523

蓄電システム
田淵電機株式会社

技術開発推進本部
技術管理部/R&D管理グループ
〒532-0003  大阪市淀川区宮原3-4-30

ニッセイ新大阪ビル 10F

TEL:06-4807-3500(代表)

蓄電システム
株式会社デンソー

空調冷熱事業部 空調冷熱開発室 開発1課

TEL:0566-61-3964

蓄電システム

東芝燃料電池システム株式会社

企画部 企画・業務担当

TEL:045-759-1330
エネファーム
日本電気株式会社

エネルギーシステム事業部

蓄電システム部

TEL:044-455-8346

蓄電システム
パナソニック株式会社
アプライアンス社

スマートエネルギーシステム事業部
営業部 燃料電池・リビング営業推進部
SE課

TEL:077-561-3279
エネファーム
パナソニック株式会社
エコソリューションズ社

エナジーシステム事業部 新事業推進センター
創蓄システム事業推進部
企画開発課

TEL:06-6906-0181
蓄電システム
フォーアールエナジー株式会社

ビジネスソリューション部

TEL:045-263-6718

蓄電システム
本田技研工業株式会社

汎用パワープロダクツ事業本部
ホームパワージェネレーション事業室
販売ブロック

TEL:048-462-5885

エコウィル

メーカ問合せ先一覧への掲載に関してはJEMA事務局までお問い合わせください。

JEMA 新エネルギー部 技術課 TEL: 03-3556-5888