コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

電力・産業システム

電力・産業システムにおける JEMAの取組み

電力分野のうち火力発電においては、ガスタービンコンバインドサイクル(GTCC)、超々臨界圧(USC)、1500℃級コンバインドサイクル(MACC)、石炭ガス化複合発電(IGCC)といった最新技術を導入することにより、CO2等の排出量の低減に寄与しております。また純国産エネルギーである水力発電についても、更なる高効率機器を導入するとともに、今後、未開発の包蔵水力の開発を促進することにより一層の貢献が可能であると考えております。また、UHV送電、二酸化炭素回収・貯留技術(CCS)、スマートグリッド等の先端技術についても、CO2等の排出量の低減に向けて期待されております。産業分野においては、高効率機器の普及等に取組んでおります。

トピックス

トピックス一覧