コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

「ヘアドライヤーの安全上のご注意」に関するお願いについて

2017.02.07
一般社団法人 日本電機工業会


この度、独立行政法人国民生活センターより当会へ、報道発表「ヘアドライヤーの取り扱いに注意-発火、火花の発生によるやけどや、髪の毛が吸い込まれて抜けなくなることも-」(2016年12月8日)に関する要望がありました。

各社、製品の構造面では、平成26年1月1日施行で強化された、電気用品安全法の電源コードの折り曲げ試験に対応するなど、より安全性を高めた製品作りに努めております。また、注意・警告表示については、同センターでの調査でも確認された通り、取扱説明書等に表示すると共に、更にご理解を深めて頂くために当会のホームページに「ドライヤーの安全上のご注意」を掲載するなどの啓発活動を実施しております。

しかしながら、今回の同センターでのテストやアンケート実施等の結果では、コードや本体の動作の異常に気付いても使用を継続している人や、本体へのコードの巻き付けをしている人が多く見られ、また、髪の毛の先端が吸い込み口に近づき、意図せず吸い込まれて被害を受けた経験のある人も見られたとのことです。

当会として、引き続き安全な製品の供給と安全啓発活動を進めて参りますが、ヘアドライヤーの使用者の皆様におかれましては、今一度、取扱説明書や各種注意事項をご確認頂き、安全にヘアドライヤーをご使用頂きますよう、お願い申し上げます。

       ドライヤーの安全上のご注意 (家電製品・機器情報/ヘアドライヤーのページに移動します)  新しいウィンドウで開きます