コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

第91回 新エネルギー講演会 開催のご案内

燃料電池を切り口とした水素社会実現に向けて

2017.08.25
一般社団法人 日本電機工業会
燃料電池発電システム技術専門委員会

一般社団法人日本電機工業会(JEMA)では、新エネルギーの導入拡大に向けた活動の一環として、平成5年より太陽光発電、風力発電、燃料電池などの新エネルギー機器の開発・実用化状況などをご紹介する場として『新エネルギー講演会』を開催してまいりました。

その中で燃料電池発電システム技術専門委員会では、エネファームの最新状況や様々な分野での燃料電池の利用状況など、タイムリーなテーマを設定して、広く燃料電池の意義や普及状況などについてご紹介して参りました。今年度は、『燃料電池を切り口とした水素社会実現に向けて』と題して、日本の燃料電池関連の研究機関及び業界から最新の動向などをご紹介頂くことに致しました。

基調講演には、九州大学 副学長・主幹教授 佐々木 一成氏をお迎えし、「燃料電池を切り口とした水素社会実現に向けて」とのタイトルでご講演いただきます。

是非、皆様にご参加いただきたくご案内申し上げます。

開催日時

2017年9月29日(金)   開場12:30   講演会13:00~16:45

会場

電機工業会館 6階会議室  【地図はこちら】新しいウィンドウで開きます
東京都千代田区一番町17番地4  TEL 03-3556-5888

地下鉄 半蔵門線「半蔵門駅」4番出口 徒歩3分
地下鉄 有楽町線「麹町駅」 3番出口 徒歩7分
※ご来場の際は、電車、バス等の公共交通機関のご利用をお願いいたします。

講演会 プログラム

時間 講演内容・講師
13:00~13:05

【開会挨拶】
主催者 燃料電池発電システム技術専門委員会 委員長
加藤 玄道

13:05~13:55

【基調講演】 燃料電池を切り口とした水素社会実現に向けて
佐々木 一成 氏
 九州大学 副学長・主幹教授
 水素エネルギー国際研究センター長
 次世代燃料電池産学連携研究センター長
 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
 工学研究院機械工学部門 水素利用プロセス研究室 教授

13:55~14:35

【講演1】 水素・燃料電池戦略における研究支援基盤としての東北放射光計画
高田 昌樹 氏
 東北大学 総長特別補佐 多元物質科学研究所 教授
 一般財団法人 光科学イノベーションセンター 理事長

14:35~14:45

~ 休憩 ~

14:45~15:25

【講演2】 米倉山太陽光発電所PR施設『ゆめソーラー館やまなし』
         における純水素燃料電池発電実証について

浅川 晴俊 氏
 山梨県企業局電気課 課長

15:25~16:05

【講演3】 水素社会実現に向けた燃料電池市場創造
水野 誉志 氏
 豊田通商株式会社
 営業開発部 燃料電池事業開発グループ 主任

16:05~16:45

【講演4】 水素製造技術を活用した再生可能エネルギーの出力変動対策
加藤 尚 氏
 東北電力株式会社
 研究開発センター(電気利用) 主幹研究員

注:都合により講演者、内容、順序を変更させて頂くことがあります。

参加費

JEMA会員:   2,000円 (当日ご持参ください)
JEMA非会員: 4,000円 (当日ご持参ください)

申込方法

下記お申込フォームからお申し込みください。
  JEMA会員様向け  お申込フォームはこちら 新しいウィンドウで開きます
  JEMA非会員様向け お申込フォームはこちら 新しいウィンドウで開きます

※会場の収容能力に制限があり、ご希望に添えない場合もあります。予めご承知おきください。
※なお、お申込みに当たっては当会の個人情報保護に関する基本方針をご確認下さい。

申込締切

2017年9月27日(水)必着
申込手続き完了後に表示されたページ(参加証)をプリントアウトの上、当日、受付にご提示ください。

【本講演会に関するお問い合わせ先】
一般社団法人 日本電機工業会 新エネルギー部 (担当:須藤)
Tel:03-3556-5888 FAX:03-3556-5892