コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

オーブンレンジ・電子レンジ

電子レンジの歴史

1950年 ▽世界初のレーダーレンジを商品化
電子レンジの加熱原理は、アメリカのレイセオン社によって、
レーダー装置の実験中にお菓子がレーダーのマイクロ波によって溶けていることに気が付き、
これにヒントを得て、マグネトロンを使った調理器「レーダーレンジ」として製品化された。
1961年 ▽国産1号機(業務用)
名称を「電子レンジ」として、国内で初めて発売。
火を使わずに短時間で加熱できる革命的な調理器
として、レストラン等の業務用として使われ始め、
その後、新幹線のビュッフェに搭載され、話題となった。
1965年 ▽家庭用1号機
100Vコンパクトの家庭用電子レンジ発売。
パン屋の店頭でホットドックの再加熱として
盛んに使われたのもこの頃である。
1966年 ▽家庭用ターンテーブル式レンジ国産1号機発売
国産初のターンテーブル式家庭用電子レンジを発売。
業界をリードする基盤をつくった画期的な商品となった。
1967年 ▽電子レンジの調理終了時の報知音に「チン」を採用
自転車のベルを利用して「チン」という調理終了時の報知音を導入。
これ以降「チン」は電子レンジ調理の代名詞となった。
1977年 ▽オーブンレンジ発売
これまで別々の製品であった
「電子レンジ」と「電気オーブン」を一体化した
「オーブンレンジ」を開発(発売)。
1978年 ▽スチームオーブンレンジ発売
タンク式のスチーム機能を業界で初めて搭載した
「スチームオーブンレンジ」を発売。
1978年 ▽タッチパネルマイコンレンジ
タッチパネル式マイコンレンジを発売。
自動調理のタッチキーで料理を選択。
さらにお好みメニューを記憶させるキーで
ワンタッチ操作。
1980年 ▽回転焼串機能搭載オーブンレンジ
回転焼串機能搭載オーブンレンジを発売。
焼串を回転させながら熱風循環式オーブンで
ローストビーフなどを上手に仕上げ。
1980年 ▽カードクッキング機能搭載オーブンレンジ
カードクッキング機能搭載オーブンレンジを発売。
肉料理からお菓子までお料理カードをセットし、
カードの指示に従って火加減などを調整、
あとは自動クッキング。
1985年 ▽航空機搭載用電子レンジ
世界で初めての航空機搭載用電子レンジで、
日本航空で採用された。
アメリカ大統領専用機にも搭載された。
1985年 ▽IH調理機能付き電子レンジ
インバータを搭載し、レンジの上にIH調理機能を搭載。
1986年 ▽トースター機能付きオーブンレンジ発売
オーブントースターと一体化した世界初のトースターレンジを発売。
この年は男女雇用機会均等法が施行され、
“働く女性のための新・必需品”として高く評価された。
1986年 ▽ハロゲンヒーター搭載のオーブンレンジ
ヒーターに業界初のハロゲンヒーターを採用したモデルを発売。
1988年 ▽インバータ搭載オーブンレンジ
インバータ搭載オーブンレンジを発売。
出力が500→600Wになり、以降各社の高出力化への
取り組みが盛んになる。
出力が自在に制御でき、省エネ性もあるインバーターは
90年代以降の主流となった。
1988年 ▽ベーカリー搭載オーブンレンジ
ホームベーカリー機能を搭載したベーカリーオーブンレンジを発売。
材料を入れたパンケースを庫内にセットするだけで、
面倒なねりから発酵、焼き上げまでを自動でできる。
1998年 ▽フルドアタイプのオーブンレンジ
世界初!断熱設計によるドア埋め込み操作パネルと
側面ルーバーレスで省スペース設置。
ドアと操作部を一体化させて、 大容量でもコンパクトに設置可能に。
1999年 ▽インターネットからメニューを取り込める機能
    搭載オーブンレンジ
レシピサイトよりメニューを取り込み自動調理が可能に。
本体に搭載された自動メニュー以外に、
好みに応じて自動メニューが追加可能となり、
カスタマイズレンジの初号機。
2002年 ▽フルドア&ワイドフラットタイプのオーブンレンジ
カップボードなどの増加により、奥行きサイズの制限が
出てくる中、大容量でもコンパクトに設置でき、
庫内の食品が取り出しやすいとして、
現在、高付加価値商品の主流となっている。
2002年 ▽スチームとレンジ、ヒーターの同時加熱ができる
   スチームオーブンレンジ
スチームとレンジ、ヒーターの同時加熱ができる
スチームオーブンレンジが発売され、
昨今のスチームブームがスタートした。
2003年 ▽重さ・位置・温度センサー搭載レンジ
食品の分量と位置を計って加熱する
オーブンレンジを発売。
ターンテーブルレスの課題であった重量の計測を
クリアし、食品の位置も測定し、ムラをおさえて調理。
2004年 ▽過熱水蒸気搭載のオーブン
業界初!“水で焼く”のキャッチフレーズで、
300度以上に加熱した過熱水蒸気で調理する
「ヘルシオ」を発売。
余分な油や塩分をほどよく落とす新たな調理機器として、
過熱水蒸気オーブンの先駆けとなった。
2005年 ▽過熱水蒸気搭載の電子レンジ
過熱水蒸気オーブンにマグネトロンを搭載。
過熱水蒸気機能搭載レンジが高付加価値商品の主流となっている。
2011年 ▽レンジグリル発売
業界初の「レンジ」と「グリル」で調理をする
「レンジグリル」をメイン機能としたオーブンレンジを
開発(発売)。