コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

電気冷蔵庫

最新冷蔵庫の基礎知識

冷蔵庫の上手なお手入れ方法

冷蔵庫はいろんな食品が頻繁に出入りする場所。見た目はきれいでも結構汚れているものです。庫内の衛生を保ち、食品の整理をするためにも、また省エネや安全性からも、定期的に庫内や放熱部周辺をお掃除しましょう。

週1回のお手入れ

自動製氷機の給水タンクや浄水フィルター、また水受皿のあるタイプは、水受皿や給水ポンプ付近も水洗いして下さい。

月1回のお手入れ
  • 外側

    汚れが落ちにくいときは、台所用中性洗剤を薄めて使い、そのあと、ぬるま湯を含ませた布で拭きます。水滴が残っていたら、さらにから拭きをしましょう。

  • 冷蔵室

    薄めた中性洗剤を含ませた布で壁面などを拭いたら、水拭きをします。さらに、から拭きをして水気を残さないようにしましょう。特に汚れやすい卵ラック、新温度帯室、肉や魚ケース、ドアポケットなど、外せるものは外してよく洗い、よく拭いてから庫内に戻します。また、チルドケースには、アルミ箔を敷いておくとニオイがつきにくくなります。

  • 冷凍室

    棚やケースは取り外して洗い、よく拭いてから庫内に戻してください。壁面などは、硬く絞った布で水拭きしたあと、から拭きをしてください。

  • 野菜室

    あらかじめ野菜室の底に紙を敷いておくと、お掃除がラクです。汚れたときは、冷蔵室と同様にお手入れをしてください。

  • ドアのパッキング

    パッキングは汚れがつきやすいところ。汚れを放っておくと、カビがはえたり、におったりするだけでなく、パッキングが傷んで冷気が洩れる原因となります。歯ブラシや硬く絞った布を使って、清潔にしましょう。

年1回のお手入れ

年1回は電源プラグを抜き、棚、トレイを外してお手入れをしてください。ドア表面は、必ず湿らせた柔らかい布でふいて下さい。電源プラグにホコリ等がたまると、湿気などで絶縁不良となり火災の原因になります。電源プラグを抜き、乾いた布で拭き取って下さい。冷蔵庫の背面や底面は、放熱のための空気の対流により細かいホコリが付着しやすいところです。ホコリがたまると電気のムダが発生したり、冷蔵庫の冷えが悪くなることがあります。 必ず、年1回は掃除機などで取り除いて下さい。

いつでもおいしい氷を作るために、自動製氷の給水タンクは清潔に

タンクに水を入れるだけで氷が自動でできる自動製氷は非常に便利でうれしい機能ですが、衛生的にお使いいただくためには取扱説明書にもとづき給水タンクを週1回を目安に清掃してください。水あか、雑菌の発生を抑えます。また、浄水器を通した水や、湯ざましなど水道水以外の減菌効果の少ない水をお使いの場合は、より念入りな清掃が必要です。

自動製氷システム概念図