コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

電気ジャーポット

電気ジャーポットについて

電気ジャーポット 使用上のご注意事項

使用上のご注意事項
  • ふたを勢い良く閉めないでください。

  • ポットを転倒させないでください。

  • 傾けたり、ゆすったり、ふたを持って移動したりしないでください。

  • 湯沸し中は湯を注がないでください。

  • 器具用プラグ(磁石式)の先端にピン等金属片やごみを付着させないでください。感電・ショート・発火の原因になります。
  • 電動給湯方式の場合、沸騰直後に給湯するとお湯が出にくくなることがあります。これは沸騰時の泡(空気)がポンプに入り、ポンプが空回りすることによるもので故障ではありません。蒸気に注意して、一度上ふたをあけて空気を逃がしてから給湯してください。

※最近、食材を入れたポリ袋を電気ポットに入れる料理法が、紹介されている事例が見受けられますが、水以外のものを電気ポットに入れることは、取扱説明書などで、禁止しておりますので、お止めください。状況によっては、ポリ袋が蒸気孔を塞ぎ、 出湯ボタンを押さないにもかかわらず、自然にお湯が出てくる可能性があります。

海外でご使用の場合

  • 1. 100V仕様の国内専用製品については、海外で使用しないでください。変圧器を用いて使用した場合、故障の原因にも
      なります。
  •     
  • 2. 海外向け製品については、使用する国や地域での電圧を必ずご確認ください。電圧が異なったまま使用すると故障の
      原因にもなります。
  •     
  • 3. 海外向け製品を購入する際は、各社にお問い合わせ頂き、各社の保証対象国をご確認ください。