コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

電気暖房器 安全・正しい使い方

共通事項

電源プラグにご注意ください

電源プラグやマグネットプラグ、プラグ受けにピンやごみを付着させないでください。感電やショート、発火の原因になります。
ホコリが付着している場合はまずコンセントから抜き、乾いた布でよく拭いてください。ホコリがたまると湿気などで絶縁不良となり、火災の原因になる場合があります。

電源コードやコントローラーはいたんでいませんか

電源コードは器具の中でもいたみやすいので、引っぱるなどせずていねいに取り扱い、
事故の原因とならないよう時々点検しましょう。
また、電気毛布などのコントローラーも異常に熱かったり、臭いがしていないかどうか時々点検しましょう。

このような場合には、ご使用を中止してください。●プラグのガタつき●コードのいたみ●コントローラーの熱 このような場合には、ご使用を中止してください。●プラグのガタつき●コードのいたみ●コントローラーの熱

電気暖房器

燃えやすいものの近くでの使用や就寝中の使用はおやめください

ストーブの上で洗濯物などを乾かさないでください。ストーブの上に落ちると危険です。
また、カーテンなど燃えやすいものの近くで使用しないでください。
さらに、布団などが触れて発煙・発火の危険があるので、就寝中の使用はしないでください。

可燃スプレー缶にご注意ください

暖房器の近くにスプレー缶(ヘアスプレー・スプレーのり・殺虫剤など)を放置しないでください。熱でスプレー缶の圧力が上がり、爆発の危険性があります。

地震の際にご注意ください

地震に備え、電気ストーブが転倒しないよう、設置場所・設置方法に注意しましょう。
電気ストーブは地震などで転倒した際に電源がOFFになる仕組みになっておりますが、状況によっては転倒した際にも電源が入った状態になり、家の電気が再通電された際に、「通電火災」になるおそれがあります。
なお、転倒したままでは通電しない製品もあり、より安心・安全にご使用いただけます。

電気毛布はよく点検してから使いましょう

電気毛布は数年間使用されますと、外観に異常がなくても内部のヒーター線がいたみ、故障や事故の原因になる場合がありますので、シーズンはじめにご家庭で点検してください。

<ご家庭での点検の仕方>蛍光灯などの明かりに透かしてみて下さい。このような場合には、ご使用を中止してください。●重なり●ループ状●折りぐせ

電気毛布の温度調整を上手に使いましょう

「強」であたためたあとは、おやすみになる前に適度な目盛りに調節しましょう。

電気毛布や電気カーペットのヒータ線を傷つけないでください

本体にピンや針を突き刺したり、刃物で傷つけたり、硬くて重いものを乗せたりしないでください。内部のヒーター線を傷つけ、火災・感電の原因になります。

電気カーペット・あんか・足温器は正しく使いましょう

あんかなど電気暖房器に長時間、直接、肌が触れていますと皮膚が赤くなったり、水ぶくれができることがあります。これがいわゆる「低温やけど」です。
比較的低い温度(40~60℃)でも長時間皮膚の同じ場所に触れていますと、低温やけどをおこす場合もありますので、電気カーペットは「就寝用」として使用しないでください。また、あんかはあたたまったら身体から離してお使いください。
乳幼児や自分で温度調節のできない方・皮膚感覚の弱い方などが使用されるときは、特にご注意ください。
また、勉強中のお子様の"うたた寝"によるやけどに注意してあげましょう。

 

電気ミニマットは柔軟性のあるソファーやクッションなどの上に置いて使用しないでください

加湿器

加湿器で乾燥対策

お部屋の乾燥対策として、洗濯物の室内干しや観葉植物を置く方法が紹介されています。しかしこれらの方法では、加湿する量や時間の調整が難しく、十分な乾燥対策とならないこともあります。
加湿器なら、センサー機能などにより、室内を快適に保つことができます。

加湿方式別の特長

加湿器には様々なタイプがあります。特長について以下ご紹介します。

加湿方式
超音波式
スチーム式
ハイブリッド式
気化式
ファン無し
ファン付き
原理イメ|ジ

細かい水滴(霧)
を出す

お湯を沸かして蒸気を出す

蒸気を扇風機で冷やす

Tシャツを温風で乾かす

Tシャツを速い風で乾かす
方式概要

超音波振動子で微細な霧にして放出

ヒーターで加熱し
蒸気にして放出

蒸気に風を当て温度を下げて放出

濡れたフィルターに温風
を当て効率よく水分を蒸発(気化)

濡れたフィルターに風を当て水分を蒸発(気化)

 

定期的にお手入れをしてください

どのタイプの加湿器であっても、取り扱い説明書に記載されているとおり、必ず定期的なお手入れが必要です。

加湿器はいつも清潔にしてお使いください

タンクの水は毎日新しい水道水と入れ替え、本体の水そう部は1週間に1~2回程度掃除し、いつも清潔にしてお使いください。

加湿用の水には、水道水以外は使用しないでください

加湿用の水には、必ず水道水(飲用)を使ってください。 (一般に水道水は塩素処理が されており、雑菌が繁殖しにくいためです。)
40℃以上のお湯や化学薬品・芳香剤・アロマオイル・よごれた水・アルカリイオン 水・井戸水・浄水器の水・ミネラルウォーターなどは使用しないでください。カビ や雑菌が繁殖したり、変形や故障の原因となります。
特に化学溶剤・薬品等によっては、化学成分が健康に影響を与えるおそれがあるため 使用しないでください。

加湿器(スチーム式)の蒸気によるやけどにご注意ください

やけどのおそれがありますので、蒸気吹出し口に触ったり、顔などを近づけないでください。また転倒すると熱湯がこぼれるので、幼児の近くや不安定な置き場所で使わないでください。
使用中や使用直後には、持ち運ばないでください。